ビジネスネーム作成 開運 姓名判断

開運!ビジネスネーム作成の専門家@飛鳥宗佑がお届けするブログ&姓名判断

副業するからビジネスネームを作ろう!新しいビジネスを始めるからビジネスネームを作ろう!でも、名前を作るのって意外に難しいんですよね。何でもイイじゃんって適当にやってみるけど、意外にしっくりくる名前ができないんですよね。自分だけでやろうとすると大変なので、そこはプロにお任せ下さい☆彡修正対応無料で、納得できるまでお付き合い致します!

神社で参拝したけど、願いが叶わなかった。その理由とは?

f:id:businessname:20181009224521j:plain

 

「神様は何でもお見通し!!」そう思ったことはありませんか?しかし、お願いするのはこちら側ですから、誠意が必要とは思いませんか?例えば、親にお金を借りるとき、「貸して?」と聞いても「いくら?」と返事がくるのがオチです。「わかった、はい1万円。1万円が欲しかったんでしょ」とはなりませんよね。本当は親も貸したい気持ちはあるのだろうけれども、誠意がある借り方は、「いついつまでにいくら必要で、今いくら足りないから〇〇円貸して下さい」とお願いするのが筋です。逆に、お願いする側に誠意を感じるから「貸してあげよう」とも思える訳です。

 

 

これと一緒で神様にお願いするときは、例えば「良い出会いがありますように」ではなく「〇〇さんと付き合いたいです」ぐらい具体的に言わないと「良い出会いがありますようにと言われてもなぁ、お前の良い出会いってなんだ?」と神様は困ってしまいます。願いを叶えてあげたくても、叶えてあげられない訳です。

 

 

神社で参拝したけど、願いが叶わなかった。そんなときは、自分のお願いの仕方を少し顧みる必要があると思います。神様に分かりやすく、伝わりやすいようにお願いしましょう。それが誠意です。神社は「参拝する」のではなく「参拝させていただく」が正しい表現です。

 

 

飛鳥宗佑は、なぜこんなことが言える?

というのは、こんな本を読んで神社参拝をしたところ「あっ!お願いしたことが叶った」という経験をしたからです。その本とは、「絶対開運」こちらには、開運に関する根本的な解決法や、願いが叶いやすい参拝方法、筆者おススメの開運神社が案内されています。悩みの解決方法に神社を使う場合は、おススメの一冊です。 

 

 

 

その他おススメの記事